リンゴ型肥満のイラスト

洋ナシ型?リンゴ型?”腹筋を割る”まえに知っておきたい脂肪のコト

いつの間にかぽっこりと出てきてしまったお腹。太るとどうしてこんなふうにお腹が出てきてしまうのかちゃんと理解している人は少ないかもしれない。

実はぽっこりお腹には2種類ある。洋ナシ型とリンゴ型だ。

脂肪が溜まっていくしくみを理解しなければ、最速で腹筋を割ることはできない。実際のエクササイズに取り組む前に、絶対に知っておきたいことなのだ。

今回はこのしくみについて分かりやすくお伝えしよう。ぜひ記憶に留めておいてほしい。

なぜお腹がぽっこり出てくるのか

お腹がぽっこり出た人のイラスト

太ると必ずお腹が出る。これは古今東西どこの国に行っても共通である。

現代人はカロリーの多い食事を常に摂り続けている。加えてデスクに座ったままのオフィスワークの生活で、運動不足は必至だろう。現代人は毎日の生活を送るだけで常に太り続けていると言っても良い。

余ったカロリーはどうなるのか。これは体脂肪となって体に蓄えられる。その貯蔵庫が脂肪細胞である。脂肪細胞は全身にあるのだが、とくに多いのがお腹まわりだ。

脂肪には2種類ある

腹部には皮下脂肪と内臓脂肪という2種類の脂肪がある。同じ体脂肪なのだが、そのつき方によって見た目が変わってくる。

皮下脂肪とは?

皮下脂肪が多い人のCTイラスト

皮下脂肪というのは、人間の皮膚の下にある。これは体中にあるのだが、お腹の部分がもっとも分厚くなっている。

女性であれば、お腹や下半身にこの皮下脂肪が集中しているはずだ。お腹がぽこっと出て、太ももが太い状態だ。首や肩周りにも溜まりやすくなっている。

皮下脂肪があるのは、もちろん悪いことだけではない。生物が体温を逃がさないための断熱材でもあるし、外からの衝撃を和らげるためのクッションでもある。とくに女性においては、妊娠や出産に重要な器官を保護する役目もある。そのため、女性ホルモンであるエストロゲンが腹部に脂肪を集めているのだ。

内臓脂肪とは?

内臓脂肪が多い人のCTイラスト

では内臓脂肪についてはどうだろうか?

内臓脂肪と言うのは腹部の中にたまる脂肪組織である。お腹には腹腔と言う大きな袋がある。ここには生物において必要な消化管や肝臓といった臓器が収められている。内臓脂肪はこれらの臓器がずれてしまったりぶつかったりしないように、隙間を埋めているのだ。いわゆる、梱包材にあたるものである。

内臓脂肪のチェック方法

内臓脂肪は蓄積しているかどうかが見た目ではすぐに分かりにくい。チェックの方法説明しておこう。

ウエスト(cm)÷身長(cm)=0.5以上

これが内臓脂肪型肥満の可能性の高い数字であると言われている。また、検診によって腹部のCT検査で内臓脂肪の面積が100cm2以上あれば内臓脂肪型肥満と判定される。

内臓脂肪と女性ホルモンの関係

この内臓脂肪は、比較的男性につきやすい。メタボと呼ばれるような、ぽっこり膨らんだ男性のお腹である。

これは実は、女性ホルモンであるエストロゲンが関係している。男性はこのエストロゲンが少ないため、脂肪を皮下脂肪として溜めることが上手くないのだ。だから、溜まった脂肪は内臓脂肪へと変換されていってしまう。

洋ナシ型の太りかた

洋ナシ型肥満のイラスト

太り始めると、お腹の脂肪が増えてくる。皮下脂肪が多い場合は、洋ナシ型と呼ばれる形になる。

脂肪自らの重みで下がっていき、ぽこっと下腹が出てくる。体の上半分は痩せているのに、お尻や太ももなどがどっしりと太っているというタイプだ。女性にも多い。

ケーキスナック菓子など脂肪分の多いものをよく食べる人に多いのが特徴である。これは脂質の代謝力が弱いため、摂取した脂肪を皮下脂肪として体内に溜め込んでいってまうからだ。

リンゴ型の太りかた

リンゴ型肥満のイラスト

一方、内臓脂肪が増えてしまう内臓脂肪型肥満は、内側からお腹がせり出してくるような形になる。これは、リンゴ型肥満と呼ばれる。

お腹がぽっこり出るような、全体的にぽっちゃりした印象与えるタイプである。

ご飯パンラーメンなど炭水化物をよく食べる人に多い。基礎代謝が人より低いため糖質をうまく吸収しきれず太ってしまうという傾向がある。生活習慣病の発症率が高いので、気をつけなければならない。

どちらが危険なのか

どちらがより危険かというと、やはりリンゴ型肥満である。

脂肪細胞の数というのは、思春期以降は増えないと言われている。では脂肪はどこへ行くのか。余った脂肪はどんどん脂肪細胞に集まっていき、そして膨らんでいくのだ。大きくなった脂肪細胞は血液の流れを悪くしたり、血圧を上げる悪玉ホルモンを分泌するようになる。メタボと呼ばれるお腹の原因である。

脂肪はどこから来るのか

皮下脂肪や内臓脂肪といった脂肪組織をひっくるめて、「体脂肪」と呼ぶ。この体脂肪は「中性脂肪」がモトとなっている。中性脂肪が余ってしまうと体に蓄積されていき、これが体脂肪となるのだ。

どうやって減らすのか

ランニングをしている太もものイラスト

皮下脂肪や内臓脂肪を減らすのはどうすれば良いのだろうか。これに魔法のような方法はない。

筋トレ食事有酸素運動

この3つに取り組み、代謝を上げながらエネルギー収支をマイナスにしていくしかない。

体型別の脂肪の減らしかた

リンゴ型

リンゴ型である内臓脂肪は、運動や食事制限などで比較的簡単に落とすことができると言われている。炭水化物を減らしてタンパク質をより多くとり、ウォーキングやジョギングといった有酸素運動に取り組む。これによって体脂肪を燃やすことができる。

洋ナシ型

洋ナシ型の皮下脂肪は内臓脂肪に比べると外側にあり代謝が悪いため分解されにくい。マッサージで血行を促すとともに、筋トレで基礎代謝を上げることが必要になる。そこから有酸素運動と食事管理をおこなうことで、効果的に脂肪を減らすことができる。

1kgでウエストが1cm減る

女性の後ろ向きのイラスト

ウエストを1cm絞るには、1kgの体脂肪を減らせばよいと言われている。皮下脂肪よりも内臓脂肪の方が早く落ちやすい。生活習慣を変えることによって、すっきりとしたお腹を手に入れたい。

まとめ

あなたは洋ナシ形とリンゴ型どちらだろうか?もしリンゴ型の内臓脂肪肥満であればすぐにでも解消したいところだ。お腹が出てくるしくみを理解すると、やるべきことが見えてくる。今の自分の状況をしっかりと把握して、効率よく脂肪減少に取り組もう。そうすればきっとあなたの腹筋を割る最短ルートになるだろう。

関連記事

  1. シットアップ、プローン・ブリッジ、オブリーク・クランチのイラスト
  2. ひたすら腹筋をしているイラスト
  3. 一般的な筋力トレーニングとスロートレーニングを比較したイラスト
  4. プローン・ブリッジをしているイラスト
  5. オブリーク・クランチをしているイラスト
  6. ペルビックヒンジアップをしているイラスト

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP